国産の青果物やその加工品の輸出に必要な事業や、輸出に関する情報を収集し、提供しています。また、会員へのサポートを行い、役立つ情報を掲載しています。

日本青果物輸出促進協議会

日本青果物輸出促進協議会について 日本青果物輸出促進協議会とは?

日本青果物輸出促進協議会とは?

 近年においては、日本産の果実・野菜は極めて高い品質や安全・安心であることが評価され、米国や所得向上の目覚ましいアジア諸国を中心に、徐々に需要を拡大しています。
 しかしながら、果実・野菜の輸出は、生産者や流通業者等の各々の取り組みに留まっており、産地間・品目間の連携が進んでいない状況にあります。また、輸出先国の植物検疫制度や残留農薬基準等の違いをはじめとして、輸出先国の商習慣と日本との違いや、輸出果実・野菜の鮮度保持・長期保存技術の開発等、多くの課題を抱えています。輸出を進めていくためには、これらの課題を解決し、日本産の果実・野菜の海外への魅力発信や国内外の輸出体制の整備を通じて輸出を振興し、果実・野菜産業の振興に努めることが重要です。

 このような背景を踏まえ、生産者や流通業者等の青果物関係者が集い、連携をしながら果実・野菜の輸出を振興する体制を整備することが必要と考えます。そこで、果実・野菜の輸出促進を一層強化していくことを目的とした「日本青果物輸出促進協議会」を設立しました。
 今後はこの協議会の下に、果実・野菜の輸出拡大のスピードアップを図りたいと考えます。

 日本青果物輸出促進協議会は、国産の青果物及びその加工品(以下「国産青果物等」という。)の輸出促進に必要な事業、国産青果物等の輸出に係る情報の収集・提供等を通じて、国産青果物等の輸出を促進することを目的として、2015年5月28日に設立しました。

協議会は、以下の事業を行います

  1. (1)国内外での国産青果物等のPR
  2. (2)展示会・セミナー等の実施
  3. (3)海外マーケティング調査
  4. (4)産地間連携及び輸出環境整備等に関する検討会の開催
  5. (5)国産青果物等の輸出事業者による輸出活動等の支援
  6. (6)その他協議会の目的を達成するために必要な事業

 2017年8月現在、この協議会に参加する団体は63団体になります。この協議会の会員については、随時募集を行いながら、上記の事業を行います。

会員募集のお知らせ

日本青果物輸出促進協議会では、
協議会の目的に賛同する団体等を募集しています

募集要領は次のとおりです(募集は随時行っています) 。

  1. 協議会の目的に賛同する団体等であること
  2. 別紙の入会申し込みを協議会事務局に郵送すること。
  3. 理事会での承認後、入会金1万円、年会費6万円を納入すること。

郵送先(照会先)

〒143-0001 東京都大田区東海3丁目8番2号TSKビル3F 一般社団法人 日本青果物輸出入安全推進協会内 日本青果物輸出促進協議会事務局 TEL:03-6412-9977 FAX:03-6412-9976

ページ上部へ